透析看護師から企業内看護師へ!働きやすさが魅力です

透析看護師の転職 - 企業で働くメリットとは?

看護師の仕事は病院やクリニックが一般的ですが、最近は企業で働く看護師業務の人気が高まっています。理由はその働きやすさにあります。病院での看護師の仕事はどうしても慌ただしく、夜勤もあるため不規則になりがちです。
保育園ナースの悩み、保育士との関係

頑張れば夜勤手当の分だけ収入は増えますが、プライベートとの両立が難しく、生活リズムも崩れます。収入はできるだけ下げずに働きやすい職場として、人気なのが企業内で働く看護師業務なのです。

企業内の看護師業務は患者さんがいつもいる訳ではないので、業務内容が病院で勤務する看護師とは異なります。主な業務はその企業で働く社員の方たちの健康管理です。特に最近はメンタルヘルスが重要視されています。

社員の中にはストレスから体調を崩してしまう方もいます。そうなると仕事にも影響が出て、その人だけでなく周りの方の仕事にも影響が出る事にもなりかねません。こうした事態を未然に防ぐために看護師が定期的にきちんとケアを行う事が求められています。

企業内看護師はまだそれほど多くなく、仕事をしている方も求人も多くありません。そのため、やりたいと思ってもすぐになれるかについては、タイミングのようなものも関係し、少し期間を見た方が良いでしょう。定期的に求人をチェックしているとそういった求人も出てくるため、こまめにチェックしましょう。

基本的には仕事は一般職の社員の方と同じく、朝から始まり18頃までが定時という所が多いです。もちろん残業がある所は多いですが、病院に比べると比較的落ち着いた環境で働けます。給料については、月収ではダウンしてしまう所は多いです。

しかし、現状企業の中に看護師を置く職場というのは、他の設備もしっかりしている比較的大きな規模の企業が多いです。そのためボーナスが多い所は多いので、年収で考えるとそれほど下がらないくらいの収入になる可能性はあります。まずは転職サイトをチェックして求人を見つけて、詳細を聞いてみるのがお勧めです。

看護師と准看護師の違いは?

看護師と准看護師の違いは、いくつかあります。まずは資格の違いです。看護師は国家資格なのに対して、准看護師は都道府県知事資格です。都道府県知事資格だと県外で働く事ができないのではないかと考える方もいるかもしれませんが、准看護師の場合は問題なく働く事ができます。

看護師業界は女性が多く活躍していますが、結婚や家庭との両立で退職者も多く、人手が不足しています。そのため、ぜひ来て欲しいという職場は多くなっています。

准看護師は看護師の下で働く立場という位置付けになっています。医師や看護師の指示を受けて業務を行う必要があり、自分の判断だけでは業務を行えません。ただし、最近は仕事の内容はほとんど同じ業務を行う場合が多く、ここは問題視もされています。同じ業務を行うのに看護師と准看護師と、資格に区別を付けるのは意味がないのではという事です。

業務に差はなくても待遇には差があります。ここは現在も議論がされていますが、結論が出ずにいます。給与についても異なります。看護師の給料よりも准看護師は2万円から3万円程度低くなっています。先ほどの話とも重なる部分がありますが、ほとんど同じ業務を行うにも関わらず、比較的大きな給料の開きがあります。

これから准看護師になる事を検討している方はこういった事を念頭において資格取得を目指すことをお勧めします。ちなみに少しハードルは高いですが、キャリアを積んでいけば看護師へのステップアップは可能です。

ここまで、デメリットのような話になってしまいましたが、准看護師にはメリットもあります。それは若いうちから社会に出て、看護師として働く事ができるという点です。

通常、看護師は大学や看護の専門学校を卒業する必要があるため、22歳から働くのが最短となります。准看護師の場合は一番早くて18歳から仕事をする事ができます。早く社会に出て働きたいという方は准看護師としてまずは働くのは良い選択肢です。